あなたはあと何年生きられる?

「生命表」って知っていますか?
厚生労働省が毎年発表する平均寿命、平均余命、生存率などを示した表のことです。

厚生労働省のページはコチラ

ちなみに現在の日本人の平均寿命は、男性が80.79歳、女性が87.05歳です。

私が生まれた昭和40年は、男性67.74歳、女性が72.92歳ですからこの50年の間に13~15年も寿命が伸びていることになります。

よく勘違いしてしまうのですが、
「私はあと何年生きられるか」と考えたとき、多くは平均寿命から現在の年齢を引いて算出しますよね。

例えば、私は現在51歳ですから、
80.79-51=29.79(年)

この計算でいえば、私はあと30年弱生きられるということになります。
(正直ピンと来ませんが。。。)
でもそれは正しくありません。
平均寿命というのは現在0歳の人の平均余命であり、すべての年齢の死亡率を含めて計算するので一番短くなります
私は現に51歳まで生きてこられているので、50歳以下の死亡率を除けばもう少し余命が伸びることになります。
それを計算したのが「生命表」なのです。

生命表で私の平均余命を確認すると31.48年

平均寿命との差で計算した年数と比べると、
31.48-29.79=1.69(年)

1年半くらい余命が伸びました。
そんな数字何の意味があるのかと思うかもしれませんが、保険などで老後の期間を見積もるときに使うようです。
まぁ統計上ではそうかもしれませんが、実際の寿命は誰にも分かりませんよね。

「生かすも殺すも天地任せ」

合気道十段の藤平光一先生はこのように言われていましたが、これこそがまさに「氣の不動法」なのでしょうね。

私もいつ死んでも後悔しないよう「一日一生」の気持ちで精進していきたいと思います。

こちらも読んでね

  1. 「氣」の交流とは

メッセンジャーコード

いいね! してね

  1. 2018.02.08

    寒中呼吸の行で分かる心のチカラ

  2. 2017.07.29

    合気道は受身がとても重要です

  3. 2017.07.17

    「氣」の交流とは

  4. 2017.07.07

    ノート取るな、心に刻め

  5. 2017.04.11

    あなたはあと何年生きられる?